成功者は子供の教育

人気記事ランキング

ホーム > 買取 > 大判小判の古銭価値はどのくらい?

大判小判の古銭価値はどのくらい?

時代劇でお金持ちが大量に手にしてほくそえんでいるものといえば、大判小判ですよね。

大判小判は古い時代に活用されていた、いわゆる古銭です。大判小判などは金で作られていることから、それ自体に大きな価値があるはずです。家の片付けをしていて発見したら、是非査定してもらうとよいでしょう。

大判小判以外の古銭も査定して買い取ってもうえますよ。

古銭買取e-net

 

古銭の中でも価値の高いもの

同じ古銭でも、価値の高いものとそうではないものとがあります。その差は、希少性や需要の有無にあるといって良いでしょう。

 

非常に古くて歴史的な価値がありそうなものでも、大量生産されて多くの人が現在でもたくさん持っているのなら、残念ながら価値は下がってしまいます。しかし、それほど古くはなくても現存数が少ないといった場合には価値は高くなるといった仕組みです。では、どのような古銭に価値があるのか、現代から順に遡ってみていきましょう。

 

1円や10円などの硬貨は私達に身近なお金ですが、高値で買い取りしてもらえることもあります。そして、前述の通り、現存数が少なければ希少価値が高くなるので、その場合はより高値が期待できます。硬貨は、発行された年によって枚数には結構な違いがあるので、少ない硬貨は人気が出て高値になるのです。

例えば、昭和24~33年発行の5円玉が良い例です。なんと、「フデ5」などという愛称まで付けられるほど人気を集め、高い価値があるとされているのです。「フデ5」は、他の5円玉がゴシック体なのに対して楷書体、また、日本国、の文字は日本國、となっています。きれいに保存されていれば、5円玉1枚で数千円という値がつけられることもあるほどです。

 

明治~大正時代の古銭は、手に入れやすいのですが、高値になるものもあります。明治時代には銀の硬貨が一般的で、1枚5万円くらいの高値になることもあります。さらに枚数が少ない年に発行されているなら、もっと高値になるでしょう。

 

一方、大正時代の古銭は明治時代のものよりも若干安値となりますが、それでも意外と高値になることが多いといえます。もちろん、状態が良いとさらになる高値にも期待が持てます。

 

大判小判は?

では、いよいよ冒頭に出てきた大判小判です。いかにも価値がありそうなイメージがありますが、実際、金で出来ているわけですので金としての価値があり、それに加えて歴史的、芸術的な価値まであるというわけですから、然るべきところに持って行けば高値のつく代表格といって良いでしょう。


タグ : , ,